電子図書館

メールボックス図書館のご利用方法

初めての方は、「ログイン/新規登録」をクリックして新規登録を行ってください。

ID、パスワードはご自分で設定してください。次回からは、ご自分のID、パスワードで図書館に入ることが出来ます。
「ログイン状態を保持する」をクリックすると次回からはID、パスワードを省略できます。
毎月のイベントに使用されて資料や作品を本に仕上げて皆さんに見ていただけるようになればと思っています。
スマホアプリでの閲覧もできます。インストールしてください。


画像の説明

メールボックスグループでは、電子出版をお手伝いします。

電子化の費用は無料です。メールボックス図書館で閲覧いただけるように電子図書館の環境を準備しています。

当社(ペネトレイト)も資格試験学習教材を電子出版しています。電子出版サイトパブーに掲載して販売を行っています。

電子出版は'パブー''などを利用すると、今では誰でも出版出来ます。

電子出版の良さは、ネットを介して多くの方に見ていただけることです。動画ではYOUTUBEなどもあり、世界中に配信されています。

画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明

電子出版は第5世代 -電子ブックは活用の時代へ-

メールボックス図書館は第5世代電子出版です。

マルチデバイス対応により、様々なシチュエーションでたくさんのユーザが電子ブックを閲覧することができる環境が整いました。
次に求められたことは、ただ作成して閲覧するだけではなく、電子ブックをどのように活用するか?ということです。
電子ブックを通して情報を共有したり、Webサイトへの誘導や買い物といった様々なアクションにつながる機能やコンテンツ制作が求められるようになりました。
また、配信管理システムの充実やユーザごとのログ情報の集積・分析などが行えるしくみにより、売上アップや経費削減など幅広い活用方法が可能なプラットフォームへと進化しています。

画像の説明

メールボックスが出版のお手伝い

1.電子出版のお手伝い

メールボックス図書館では、電子出版が気軽に行えるようになったとはいえ、パソコン操作で電子出版を行うことに不慣れな方が多いことも事実、メールボックスグループでは、社員の力を合わせて地域の皆さんの電子出版のお手伝いをします。

2.図書館への掲載

メールボックス図書館を準備しています。

電子書籍として出来上がった本は、メールボックス図書館でパソコン、スマートフォンなどで閲覧できます。

画像の説明

3.電子書籍を刊行物として出版をお手伝いします。

印刷して発刊するのもネット印刷が始まり安価で行えるようになりました。
メールボックスでは、電子BOOK図書館に掲載されている書籍をペーパー書籍として発刊するお手伝いをします。
ラクスルを利用して印刷しますので、過去の高価な出版に比べてリーズナブルな価格で出版できます。